28
8月
2014

プリザーブドフラワーの修復について

プリザーブドフラワーは水分を抜いたあとに専用の溶剤を満たすことで製作します。
見た目は生花と遜色ありませんが、若干柔らかさにはかけてしまいます。
そのために扱いに気を付けていなければ、花びらを破損させてしまったりは日常茶飯事なのです。
通販などで買ったときにも、梱包方法や運搬途中で破損してしまうこともあります。
主に花びらに部分が小さくかけてしまったりがよく見られます。
こういった場合の修復方法はあるのでしょうか。


<プリザーブドフラワーの修復方法>

茎などが折れたときには、クールボンドを使って直すことができます。
花材用のグルーや瞬間接着剤を用いると、きれいに修復することができます。
しかし一度欠けてしまった花びらを修復させることは不可能です。
一番良い方法としては、欠けてしまった部分をハサミで、他の花びらと同じような形でカットする方法です。
破損していない花びらの形を見て、同じような形でカットしましょう。自然な感じに仕上がります。
破損しないことが一番ですので、衝撃、エアコンの風や直射日光、湿気には十分に注意を払いましょう。
プラスチックケースやガラスケースに入れて保存すると、形状を守ることができます。
小さいプリザーブドフラワーであれば、100円ショップにも収納できそうなケースがあります。
ケースの中に除湿剤を入れておくと、さらに安心です。

Comments are closed.