28
2月
2014

お母さんと一緒にプリザーブドフラワーを

母の日にお花を贈られている方も多いかと思いますが、一緒に作ってみるのはどうでしょうか?
贈るのももちろん良いと思いますが、一緒に作ることでさらに絆を深めることが出来ると言いますか楽しくて良いかと思うんです。
一緒にプリザーブドフラワーを作ることでいつまでも楽しい記憶として残るのではないかと思うのでお勧めです。
一緒に別々のものを作ってお互いに贈り合うのもなんだか良いですね。
楽しみ方はその方によって違いますので、色々試してみるのが良いかと思います。


プリザーブドフラワーを学べる教室がある

最近ではプリザーブドフラワーを学べる教室もあるみたいですので、興味のある方には良い情報なのではないかと思います。
ご自分で好きなものを作ることが出来ますので、本当に素敵だと思います。
ネットなどにやり方を掲載している方もいますが、実際に教えていただける方が安心できますし失敗などもあまりなくて済むかと思います。
もちろん、失敗してしまっても次につながるかと思いますので、落ち込むことはないですよ。


結婚式のブーケなどにも使われている

プリザーブドフラワーは結婚式のブーケなどにも使われているみたいですよ。
本当に幅広く活躍していてすごいですよね。
枯れにくく管理の仕方も比較的簡単ですので、どなたにでも向いているかと思います。
お祝い事以外にも活躍させることが出来るかと思いますので、色々活用してみましょう。
高校や大学の文化祭などでも活躍してくれそうですよね。
色々な種類がありますので、たくさんご覧になってみて下さいね。

28
2月
2014

プリザーブドフラワーのブーケがおすすめです

皆さんは母の日にお花を贈られているかもしれませんが、何かアレンジしたものを贈りたいとは思いませんか?
普通のきれいなお花でも良いのですが、プリザーブドフラワーのブーケなんていかがでしょうか?
枯れにくいお花ですし生花にはない色のお花を一緒に混ぜて作ってみますとか、すごく素敵で良いかと思うのですが皆さんはどう思いますでしょうか。
花束をもらったみたいできっと喜ばれるかと思いますのでおすすめです。


プリザーブドフラワーの管理の仕方は?

プリザーブドフラワーの管理の仕方についてなのですが、お水を一切与えてはいけないことになっていますので水遣りの必要はありません。
お水を与えてしまうと脱色に繋がってしまいますので、お水を与えたりキッチン周りに置かれるのは避けた方が良いかと思います。
また、湿気のある場所も避けるべきだと言われていますので気を付けて下さいね。
他にもケースに入れて保管された方が長く保つことが出来ると言われています。


置き場所に困ってしまう?

プリザーブドフラワーをお部屋に飾りたいけれど、テーブルが小さくて置くと幅をとってしまう・・・とお悩みの方がいましたら、リース型のプリザーブドフラワーを選ばれるのが良いかと思います。
テーブルなどに置くことが出来なくても、リース型でしたらドアや壁にかけることが出来ますのでまた違った雰囲気でお勧めです。
また、キャンドルもありますのでこちらでしたら小さめですので置き場所にも困らないかと思いますよ。

関連リンク・・・・母の日におすすめのプリザーブドフラワー

28
2月
2014

プリザーブドフラワーは枯れにくいから安心

プリザーブドフラワーは枯れにくい加工がされていますので、いつまでも美しいまま保つことが出来るお花なのです。
母の日や父の日にお花を贈っているけれど枯れてしまうのがネックだったという方にとっては非常に良いかと思います。
枯れにくく管理の仕方も簡単ですので、とてもおすすめです。
母の日に贈られるのが最適だと思いますが、もちろんそれ以外の時でも大活躍してくれると思いますので良いかと思います。


プリザーブドフラワーは自分でも作ることが出来る?

このプリザーブドフラワーは、出来たものを購入されるのでも良いのですがご自分で作ることも出来るみたいですのでご自分で作ってみるのも良いかと思います。
ご自分でしたらお好きなお花と色をそろえることが出来ますので、世界にたった一つだけのプリザーブドフラワーを作ることが出来るかと思います。
そんなたった一つのお花を贈ってみませんか?


花材を集めてアレンジしてみよう

また、お店によっては花材を扱っていますのでその花材を購入してご自分なりにアレンジして作ってみるのもお勧めです。
最初から作るのは難しいという方はこちらの方が楽しく作ることが出来るかと思います。
最近では入れ物ではなくリース型が人気みたいですので、リースに挑戦してみるのも良いかと思いますよ。
失敗を恐れずに色々試しに作られてみてはどうでしょうか?

28
2月
2014

プリザーブドフラワーで母の日を祝おう

皆さんはプリザーブドフラワーというものをご存知でしょうか?
こちらのお花は永年保つことのできる枯れにくい加工がされているお花ですので、美しいまま何年も保つことが出来ます。
もう少し先に母の日がありますので、ぜひこのプリザーブドフラワーを贈ってみませんか?
枯れにくいお花ですので、いつまでも綺麗なまま残しておくことが出来ますし思い出も一緒に残りますので非常に良いかと思います。


プリザーブドフラワーはカラーも豊富

プリザーブドフラワーはカラーが豊富ですので、きっとお好きな色が見つかるかと思います。
中にはお花屋さんでは手に入らないカラーもありますので、色々ご覧になってみることをおすすめします。
お母さんの好きな色のお花を探されるのも良いかと思いますし、好きなお花を探すのでも良いかと思いますよ。
やはり母の日には、お母さんの好きな色のお花を贈ってあげたいですよね。
そのお店によって取り扱っている物も変わってくるかと思いますので、たくさんご覧になってみるのが良いかと思いますよ。


お花だけじゃなくてデザインも見てみよう

プリザーブドフラワーはお花だけではなくて、その入っている入れ物やバランスなどのデザインについてもちゃんと見てみるのが良いでしょう。
お花だけでもきれいですが、その引き立て役にも目を向けてあげることが大事だと思います。
どのような入れ物に入っているのか、どのようにして入れられているのかなどについても見て確認をしてみて下さいね。
色のバランスなどにも目を向けると良いかと思います。