30
5月
2014

プリザーブドフラワーの相場はどれくらい?

プリザーブドフラワーは、生の花を着色料を加えたり強制的に乾燥させたりすることで加工されます。これによって花の状態を悪化させずに長持ちできるようになっているのですね。しかし、当然加工には経費がかさみますから結構お値段の方は高くなります。そこで、どのくらいの相場になるのかここで確認をしましょう。


<各イベントにおける相場>

では、各イベントにおける相場はどのくらいなのでしょう。例えば、誕生日程度で送るプリザーブドフラワーなら相場は10,000円から8000円であるようです。お誕生日のお花といえども結構高いですよね。また、結婚やお店の新装開店などでは、15000円以上のプリザーブドフラワーが用いられるようですね。人生一大の大イベント程、プリザーブドフラワーの相場も高くなるとみていいでしょう。


<相手に失礼のないようにイベント相応のものを>

高いと言っても、やはりイベント用のお花ですので相手に失礼のないように、それ相応のプリザーブドフラワーを贈るべきでしょう。如何に高いと言っても一大イベント用のお花ですから、華やかさを彩るものが望ましくなります。イベントによっては予算にケチをつけずに、相応の物を贈りましょう。

01
5月
2014

プリザーブドフラワーって誰にでも贈れますか?

最近、人気になってきているプリザーブドフラワーですが、どんな相手にも渡すことが出来るのでしょうか?
女性から女性へ贈っているのはよく聞いたりしますが、皆さんはどんな相手に贈れると思いますか。
このお花は女性だけではなくて、男性にも贈ることが出来るようになっているので、男女問わず遅れるんですよ。
男性向けのお花も出てきていますから、誕生日とか何かの記念日に贈ることだって出来ちゃうんです。


プリザーブドフラワーは長く保てる

プリザーブドフラワーは、生花やドライフラワーと違って美しい状態を永年保つことが出来るんです。
ですから、母の日や父の日にはすごく重宝するんじゃないかなと思うんですが、どう思いますか?
きれいなまま保てる生花はなかなかなくてそれがネックになっていましたが、プリザーブドフラワーならそんな心配はないんです。
カーネーションもありますから、ぜひ母の日にプレゼントしてみませんか?


花粉症の人にも贈れますか?

ここで気になるのが、花粉症などのアレルギーを持っている人にも贈れるのかどうかですよね。
プリザーブドフラワーは、花粉も無ければ香りも無いので、安心して贈ることが出来ますから安心して大丈夫。
そのまま飾って見て楽しむことが出来るから、どんな人に渡しても安心なんですよ。